青山セレスクリニックトップページ > AGA・脱毛症トップページ > その他の薄毛・脱毛症

AGA・脱毛症のことならお任せ下さい! 専門医があなたの悩みを解消します!

AGA以外の脱毛症

髪の毛の総本数は約10万本で、ヘアサイクルから考えると1日50~100本くらいは抜けても生理的範囲内です。この生理的範囲を超えて抜けると毛髪は薄くなったり、ある部分がまとめて抜けたりして、脱毛症となります。この毛髪の固有のリズムは局所あるいは全身の状態の影響を敏感に受けます。
脱毛症の9割以上はAGAですが、AGA以外にもいろんな脱毛症があります。
下記のような脱毛症があります。

その他の喜びの声
脱毛症の種類 症 状 原 因
女性のAGA
女性でも頭頂部を中心に同様の変化をみることがあります。
詳細ページはこちら
遺伝やホルモンの影響などが主な原因と考えられています。
慢性休止期脱毛
頭頂部などの特定の部位の偏りがあまりなく、頭髪が全体的(びまん性)に薄毛となる状態です。
(びまん性脱毛症)
詳細ページはこちら
AGAに次いで女性の多い脱毛症で、原因不明で、女性特有です。
円形脱毛症
円形脱毛症
・主に頭髪に類円形に脱毛巣が生じます。
・ときに広範に一気に脱毛することもあります。
詳細ページはこちら
自己免疫機序による発症と考えられ、ストレスは引き金にすぎません。
薬剤性脱毛症
抗癌剤による成長期脱毛または、その他の薬による休止期脱毛です。
詳細ページはこちら
抗癌剤により高度の脱毛が起こることはよく知られています。抗癌剤以外の薬剤によっても脱毛の原因となることがあります。
ホルモン分泌異常による脱毛症
ホルモン分泌異常による脱毛症
・慢性びまん性脱毛休止期脱毛になります。
・眉毛や体毛の減少もみられることがあります。
ホルモンの分泌量の増加あるいか低下で起こる脱毛症です。
(1) 甲状腺ホルモンの低下
(2) 甲状腺ホルモンの増加
(3) 女性の場合、女性ホルモンや性腺刺激ホルモン、卵胞刺激ホルモンの低下
栄養不良による
脱毛症
 
慢性びまん性脱毛休止期脱毛になります。 (1) ダイエットなどカロリー不足による脱毛症
(2) アルコール依存症などによる慢性栄養不良による脱毛症
(3) 鉄欠乏性貧血による脱毛症
(4) 亜鉛欠乏による脱毛症
外傷性脱毛症
牽引、摩擦、圧迫などの物理的外力により、毛が引き抜かれたり、毛幹が破壊されたりして脱毛が生じます。 (1) 手術後脱毛症
(2) 牽引性脱毛(ポニーテール脱毛)
(3) 圧迫性脱毛症(ヘアピン、ヘアバンド、かつら)
急性熱性後脱毛症
・びまん性休止期脱毛です。
・潜伏期間は2~3カ月です。
肺炎、インフルエンザ、猩紅熱などの持続性の高熱を伴う感染症の後に起こり得ます。
粃糠性脱毛症
(脂漏性脱毛症)
 
・フケが多いのが特徴です。
・灰白色で鱗のようなフケです。
 
皮脂腺の炎症(脂漏性皮膚炎)などが原因と考えられます。
治療はケトコナゾール外用薬(抗真菌薬、商品名ニゾラールローション)、5%塩化カルプロニウム
などです。
抜毛症
(ばつもうしょう)
(トリコチロマニア)
抜毛症

・脱毛巣が境界不明瞭、不整形です。
・炎症所見を伴いません。
・まゆ毛、体毛の脱毛も起こり得ます。
・脱毛巣の中に切断毛や正常な長い毛があり、円形脱毛症のように完全な脱毛斑になりません。
・易脱毛性もありません。
・利き手側の前頭部や側頭部に多いのが特徴です。
頭毛、眉毛など自分の毛髪を自ら引き抜くことによって生ずる脱毛症であり、発症の背景や誘因は発症年齢により異なります。小中学生に多いが、大人でも統合失調症、うつ病等の精神障害を持つ人が発症する場合があります。
感染症に伴う
脱毛症
 
様々な感染症が脱毛症を引き起こします。 脱毛の原因となる感染症としては、白癬のよる頭部白癬、ブドウ球菌などによる急性深在性毛包炎や慢性膿皮症、梅毒性脱毛、ハンセン病の脱毛、ヘルペスウイルスによる帯状疱疹の脱毛があります。
内科的な病気に
伴う脱毛症
慢性びまん性脱毛休止期脱毛になります。 主に膠原病が原因の脱毛症です。
全身性エリテマトーデスの70%が脱毛症を伴います。その他に皮膚筋炎、シェーグレン症候群、毛孔性ムチン沈着症などがあります。
腫瘍性脱毛
腫瘍性脱毛
腫瘍があるために、その部位の脱毛が起こります。 以下の腫瘍による脱毛症です
・ 転移性皮膚がん(肺がん、乳がん、胃がん、腎がん等)
・菌状息肉症
・基底細胞癌、基底細胞上皮腫
・悪性血管内皮細胞腫(血管肉腫)
分娩後脱毛
分娩後脱毛
・分娩後2~3カ月以内に生じます。
・びまん性脱毛症になります。
前頭部生え際から後退することもあります。
・通常分娩後6カ月には正常に回復します。
・ピルを内服している女性で、中止後に脱毛が同様に目立つこともあります。
分娩後、急激なエストロゲンの減少に伴い、多くの成長期毛が一気に休止期へ移行するために起こります。
当院でのAGA・脱毛症の症例写真を見る
AGA・脱毛症治療の流れ
AGA・脱毛症治療の流れ
AGA・脱毛症について(総括)

薄毛や抜け毛、脱毛症と一言でいっても、その発症原因は、男性ホルモンに影響を受けるAGA(男性型脱毛症)、免疫異常やストレスによって円形脱毛症、女性の薄毛の原因として多いびまん性脱毛症など様々で、その治療方法も異なります。
毛根が存在している限り、髪の毛が再び、太く長く育つ可能性があります。早期の脱毛症治療が何より大切です。

青山セレスクリニックの薄毛・抜け毛治療では、「プロペシアなどの内服薬」・「ミノキシジル5%液など外用薬」に加え、再生医療を応用した最先端の毛髪再生治療「ハーグ療法(HARG療法)」を複合的に取り入れ、患者様一人ひとりに適した発毛・育毛治療プランを提供しております。
あきらめずに、是非お気軽にご相談ください。

AGA・脱毛症治療の料金(税抜)
初診料 10,000円
再診料 無料
プロペシア28錠(1ヶ月分) 通常9,000円
→(キャンペーン価格)7,500円
5%ミノキシジル1本60cc(1ヶ月分) 4,200円
ミノキシジルタブレット(100錠) 10,000円
パントガール1箱90錠(1ヶ月分) 10,000円
ハーグ療法 頭部3分の1(1回) 通常120,000円
→(トライアル価格)80,000円
ハーグ療法 頭部3分の2(1回) 通常150,000円
→(トライアル価格)100,000円

※初診のみ診察料がかかります。再診は無料です。

その他の喜びの声
ブログ
医師紹介
理事長 元神賢太 慶応義塾大学医学部卒・日本外科学会認定医・中央クリニック技術指導医
川口院 院長 柴田健了 京都大学医学部卒・日本美容外科学会専門医・日本形成外科認定医
「私たちにお任せ下さい」経験豊富な医師が、カウンセリングからアフターケアまで一貫して行いますから安心です。医師の詳しいご紹介はこちらから

当院では、経験豊富な医師がカウンセリングから治療はもちろん、アフターケアまで一貫して行います。
大手の他のクリニックにありがちな経験の浅いアルバイト医師が施術を行うことはありません。
「最高の技術と責任をもって1人1人の患者様を大切に、そして安心して治療を受けていただきたい」 これが当院のポリシーです。 まずは無料カウンセリングにいらして下さい。診察はしっかり医師が行います。
こちらから売り込みは一切致しませんので、是非お気軽にお問い合わせください。

お電話でのご相談と無料カウンセリング予約はフリーダイヤル 03-3405-7358 相談・予約受付は9:30から20:00まで 年中無休です
無料メール相談 無料カウンセリング予約

ページの先頭へ戻る▲


東京エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニック 青山院

フリーダイヤル 0120-958-336

〒107-0061
東京都港区北青山2-7-26
ランドワーク青山ビル 7F

埼玉エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニック 川口院

フリーダイヤル 0120-958-336

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-5-1
川口ミツワビル 6F

千葉エリアで治療をご希望の方はこちら

船橋中央クリニック

フリーダイヤル 0120-118-243

〒273-0005
千葉県船橋市本町6-4-15
グラン大誠ビル 2F