早漏は、女性経験が少ないのが原因だと思っているかたも多いようですが、実際はそうとは限りません。経験の人数は多くても、ずっと早漏で悩んでいらっしゃるかたもおります。そういう相談も実際の診療の場では数多くあります。

また早漏の悩みもいろいろです。挿入前に射精してしまう深刻なケースもあれば、意外と長く持つのに悩んでいるかたもおります。

それでは、早漏の定義とは何か?

どこかの本では挿入後10秒以内、もしくは5回以内のピストン運動で射精してしまうことと定義していましたが、これは誤りだと僕は考えています。

もちろん前述した状態は「深刻な早漏」状態と言えますが。

僕が考える早漏とは、「自分で射精をコントロールできない」状態です。射精しそうになったときに、こらえることができずに射精してしまうのは、全部早漏です。

射精しそうでも、射精を我慢し、女性に良いタイミングに合わせて射精できて初めて「早漏ではない」のです。

早漏は治療できます。

お気軽にご相談ください。

早漏については
東京・青山セレスクリニックHP
千葉・船橋中央クリニックHPをご覧ください。

東京・青山セレスクリニック
千葉・船橋中央クリニック