人間は誰でも年を取ります。

当たり前ですね。

この加齢を止めることはできません。

皆さまは、最初に加齢を何で実感しましたか?

僕は早くも20代後半で感じました(>_<)

ハゲが始まったのです。  

40代以上の方なら共感していただけると思いますが、20代ってエネルギーが溢れすぎていて爆発しようそうではなかったですか?(笑)

『肉体的にも精神的にも怖いものがなく、自信にあふれていた20代』

そこに『ズドーン』と僕にダメージを与えたのがこのハゲの始まりでした。

今でもよく覚えていますが、僕が26歳時に勤務していた荻窪病院(東京都杉並区)のエレベーターの中で、分け隔てなく何でも話していた同世代の看護師に指摘されました。

最初は『そんなことないだろう』と嫌なことを否定するのが人間に常ですね。

『そんなことないだろう』と思いながらも、鏡を後頭部に当てて必死に観察したこともおぼえています(笑)

これが加齢を最初に感じた、人生のターニングポイントだったのかもしれません(笑)

 

女性はたいてい加齢をまず「肌」から感じます。

男の場合は、僕のように「髪」からまず加齢を感じる場合が多いですね。

では、髪じゃなければ、何か?

「ED」ですよね。

 

髪もEDも治療できます

ED治療については

青山セレスクリニック東京青山院HP
千葉:船橋中央クリニックHP

薄毛治療については

東京・埼玉:青山セレスクリニック東京青山院・埼玉川口院HP

千葉:船橋中央クリニックHP
をご覧ください。

また、新しい包茎ドクターというブログをはじめました。

ED、薄毛治療専門のクリニック
東京・埼玉:青山セレスクリニック
千葉:船橋中央クリニック