包茎・薄毛専門医が男の悩みに答えるブログ
Category

亀頭・陰茎のブツブツ

2016/06/19

非典型的な尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマは細かくて少し赤みがかった粒々というのが典型的な形ですが、そういう形ではない尖圭コンジローマもあります。 黒くて扁平の尖圭コンジローマもあります。 尖圭コンジローマ 上記のような一見「ただのイボ」に見えるものも尖圭コンジローマです。 この「黒くて扁平の尖圭コンジローマ」の特徴として、「赤くて細かい粒々のコンジローマ」と比較して増殖スピード緩やかです。 「赤くて細かい粒々のコンジローマ」は3か月程度で急激に数も増えて、大きくなりますが、「黒くて扁平の尖圭コンジローマ」は2,3年かけて増えてこともあります。 そのため「黒くて扁平の尖圭コンジローマ」は尖圭コンジローマではなく、普通「イボ」と思ってしまうかたも多いのです。 もちろんペニスにも普通の「イボ」(尋常性疣贅)ができることもありますが、稀です。 ですので、ペニスにイボや出来物ができた場合は早めに性病専門クリニックを受診されることをおすすめします。

尖圭コンジローマについては 東京・青山セレスクリニックHP 千葉・船橋中央クリニックHPをご覧ください。

尖圭コンジローマ治療を職人魂で行う、 東京・青山セレスクリニック 千葉・船橋中央クリニック


2016/03/27

たまの赤い点々(陰嚢被角血管腫)

たま(陰嚢)に赤いブツブツがたくさんあって、なんとかしたいという相談も受けます。
その赤いブツブツは陰嚢被角血管腫というものです。
性病ではありませんので、必ず治療が必要ということもありません。
ただし、加齢により増えていく傾向があり、また、1個1個の粒も大きくなる傾向があります。除去をおすすめする理由はやはり美容的な観点からです。
除去治療の方法は、フォアダイスと同じで、電気焼灼またはレーザー治療です。
たくさんある場合(50個以上)でも全部きれいに取り除くことが可能です。
見た目の問題で、たまの赤い粒々が気になっているようでしたら、是非相談ください。

たまの赤い点々「陰嚢被角血管腫」については
東京・青山セレスクリニックHP
千葉・船橋中央クリニックHPをご覧ください。

ペニス・陰嚢のブツブツを解消します、
東京・青山セレスクリニック
千葉・船橋中央クリニック


2016/03/13

開けたらびっくり!キノコの山ではなく、コンジの山でした!

包茎の皮をめくったら、コンジローマだらけのペニスをご紹介します。

“コンジローマ(ちんこ)1"

包茎のペニスの皮をめくると…..

“コンジローマ(ちんこ)2"

中から尖圭コンジローマがどっさり!
全然うれしくないですね(T_T)

“コンジローマ(ちんこ)3"

後ろはこんな感じでした。
ここまで尖圭コンジローマが増えてしまいますと、外科的に包皮切除するしかありません。

“コンジローマ(ちんこ)4"

術直後の写真です。
包皮にある尖圭コンジローマは包皮ごと切除し、亀頭の尖圭コンジローマは炭酸ガスレーザーで焼灼しました。
尖圭コンジローマは非常に再発する確率が高い性病(STD)ですが、この症例のように「コンジの山」状態ですと、再発は必発です。術後もしっかりアフターフォローすることが大切です。

尖圭コンジローマについては
東京・青山セレスクリニックHP
千葉・船橋中央クリニックHPをご覧ください。

尖圭コンジローマ治療を職人魂で行う、
東京・青山セレスクリニック
千葉・船橋中央クリニック


2016/02/14

性病じゃないよ、ブツブツ盛りだくさん

まずは亀頭、包皮にできているブツブツをご供覧いただきます。
(2枚とも同一人物です)

“亀頭

“亀頭

亀頭にあるのが真珠様陰茎小丘疹、裏筋にあるのが包皮腺(タイソン腺)と言われているブツブツですが、これは決して性病ではありません。
この亀頭・包皮のブツブツはよくあるもので、珍しいものではありません。
もしかしたらあなたのペニスにもあるかもしれません。
性病でもありませんので、医学的に治療する必要はありません。
そういう理由で包茎の治療を希望されて来院されるかたで、このブツブツがかなりあるのに、(こちらがすすめても)治療されないかたというのはけっこうおられます。
でもここで言いたいのは病気じゃないけど、この真珠様陰茎小丘疹・包皮腺は絶対除去したほうがいいということです。
性器にブツブツがある男と女性はエッチしたくないからです。
このブログに辿り着いたかたは、性器のブツブツが気になって読んでいる読者なので、バイアスがかかっているので、「病気じゃないから、取らなくてもよくねえ」と思うかもしれませんが、世の中の女性の大半は性器のブツブツに無知です。
あなたの真珠様陰茎小丘疹・包皮腺の状態によりますが、ほとんど女性はそれを見て「性病だ!」と思います。
そうなると、せっかくの楽しみなひと時も台無しです。
そのブツブツの正体を性行為中に説明できるならいいのですが、大半の女性はそんなことを言いません。その場は性病疑いのペニスを受け入れても、もうあなたとはエッチをしたくないでしょう。
逆の立場でもそうでしょう。あなたが女性を喜ばせようと性器を愛撫していて性器にブツブツがあったら、どういう反応をしますか?大半の男は萎えると思います(笑)。

世の中の男女は性器のブツブツについて無知だからこそ、性病じゃなくてもこの珠様陰茎小丘疹・包皮腺は除去したほうがいいのです!

亀頭のブツブツ(真珠様陰茎小丘疹)については
東京・青山セレスクリニックHP
千葉・船橋中央クリニックHP

包皮腺(タイソン腺)については
東京・青山セレスクリニックHP
千葉・船橋中央クリニックHP
をご覧ください。

亀頭のブツブツも職人魂で行う、
東京・青山セレスクリニック
千葉・船橋中央クリニック


2016/02/07

マニアックなペニスのブツブツ

ペニスのブツブツにはいろんなものがあり、自分のペニスのブツブツが病的なものなのか、それとも正常なものなのか、わからないために診察を希望されるかたが非常に多いです。
正常なブツブツな中でもフォアダイス、真珠様陰茎小丘疹などは有名なブツブツです。フォアダイス、真珠様陰茎小丘疹は病的なものではないですが、見た目が良くないので、除去を希望される患者様が多いのも特徴です。
今回ご紹介するペニス(竿の部分)のブツブツはただの皮膚の皮脂腺です。

“ペニスのブツブツ治療前(ちんこ)"

ペニスの竿の皮膚の皮脂腺が白く浮き出ています。
もちろんこの状態は全く病的ではありませんので、特に除去をおすすめすることはありません。ただ、通常より皮脂腺が目立つのは確かです。
この浮き出ている皮脂腺の見た目がどうしても嫌であれば、除去することは可能です、。

“ペニスのブツブツ治療後(ちんこ)"

炭酸ガスレーザーで皮脂腺を除去した竿の状態です。
これは治療直後の状態なので、皮膚が削られていますが、1か月程度できれいな皮膚に戻ります。
特に除去する必要はないですが、どうしてもペニスの竿の皮脂腺のブツブツを除去したい場合、除去することも可能です。

ペニスのブツブツ治療については
東京・青山セレスクリニックHP「亀頭・陰茎のブツブツ」
千葉・船橋中央クリニックHP「亀頭・陰茎のブツブツ」をご覧ください。

亀頭・陰茎のブツブツ治療を職人魂で行う、
東京・青山セレスクリニック
千葉・船橋中央クリニック


2016/01/03

新年あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます。
今年も青山セレスクリニック・船橋中央クリニックを男性治療で唯一無二のクリニックであり続けたいと思います!
男性治療の症例数というのは各クリニックが公表していませんが、当院はペニス治療患者1日4~6人、薄毛治療患1日約10人、ED治療患者1日約10人とおそらく日本一男性治療を扱っています。
特に技術が治療結果に大きく現れる、ペニス治療、薄毛のハーグ治療において自信があります!
また治療結果について院長自らが最後までアフターケアを行います!
どうぞ今年も青山セレスクリニック・船橋中央クリニックをよろしくお願いします。

当院の男性治療については
東京・青山セレスクリニックHP
千葉・船橋中央クリニックHPをご覧ください。

ペニス治療・薄毛治療・ED治療を職人魂で行う、
東京・青山セレスクリニック
千葉・船橋中央クリニック


2015/12/13

クリスマスツリー状態になったペニス

来週はいよいよクリスマスですね。
若い頃は僕もこの季節が大好きでしたが、年老いてからは全く時めかなくなりましたね(笑)
支出が増えるイベントというだけの認識ですね。
誕生日とクリスマスだけは男としては耐えるしかありません(笑)
ですが、今回は笑いごとじゃなくて、ペニスがクリスマスツリー状態に写真を紹介します。

“尖圭コンジローマ1"

ひえ~
更によくみるとこういう状態です。
尖圭コンジローマ
“尖圭コンジローマ2"

尖圭コンジローマを放置していた結果ですorz
このように尖圭コンジローマを放置しすぎていて、もはや通常の泌尿器科の医師ではお手上げ状態になった患者さんがたくさん僕のもとにへ相談に来院されます。
「でも安心してください」
このようなクリスマスツリー状態になった尖圭コンジローマだらけのペニスも治ります!
でもこうなる前に早めに尖圭コンジローマは治療してください!

尖圭コンジローマについては
東京・青山セレスクリニックHP
千葉・船橋中央クリニックHPをご覧ください。

尖圭コンジローマ治療を職人魂で行う、
東京・青山セレスクリニック
千葉・船橋中央クリニック


© 2017 包茎・薄毛専門医が男の悩みに答えるブログ — All Rights Reserved.

Up ↑