包茎・薄毛専門医が男の悩みに答えるブログ
Category

亀頭増大

2017/07/30

リパスGの特長

亀頭増大の最新の注射剤リパスGについてです。

このブログでも何度もご紹介させていただいていますね。

亀頭増大に注射剤はたくさんの種類があり、当院のラインナップも豊富ですが、一番人気はリパスGです。

当院の亀頭増大の80%以上はリパスGです。

リパスGの最大の特徴は、注入直後ではなく2~4週間後に、より増大する点です。

多くの注射剤が入れた直後から減少する点と比較すると、真逆です。

それだけに満足度も非常に高く、リピーターが多くいらっしゃいます。

 

亀頭増大にはリパスGがおすすめです!

リパスGについては、

東京・埼玉:青山セレスクリニックHP
千葉:船橋中央クリニックHP
をご覧ください。

亀頭増大専門のクリニック
東京・埼玉:青山セレスクリニック
千葉:船橋中央クリニック


2017/06/18

亀頭増大「リパスG」、好評です!

以前このブログ(クリックでリンク)でもご紹介した亀頭増大・早漏治療専用の注射剤「リパスG」ですが、たいへん好評をいただいております。

ヒアルロン酸やアクアミドなどの従来の注射剤は、注入直後より吸収が始まるため、術後1か月の状態では、すでに入れた直後と比較すると、小さくなっています。

一方、リパスGはその瘢痕化作用により術後1か月の状態では、入れた直後よりも大きく硬くなっています。その大きく硬くなった状態が5年以上持続します。

亀頭


亀頭 

リパスGと他の注射剤との一番の違いは、ここです。

術直後よりも術後数か月経ってから、さらに満足していだけるのが、リパスGです。

亀頭増大・早漏治療をご検討されているなら、リパスGがおすすめです!

リパスGについては、

東京・埼玉:青山セレスクリニックHP
千葉:船橋中央クリニックHP
をご覧ください。

亀頭増大専門のクリニック
東京・埼玉:青山セレスクリニック
千葉:船橋中央クリニック


2017/06/04

老人性陰茎退縮とは

前回のブログ記事でも書きましたが、加齢とともに骨が退縮し、身長が縮まるのと同じで、ペニスの海綿体組織も加齢とともに退縮します。

その結果、加齢とともにペニスの長さ自体が短くなることがあります。

皆さま、この事実を知っていましたか?

僕は加齢とともにペニスが短くなるこの事実を発見し、これを老人性陰茎退縮と呼んでいます。

当院ではご年配のかたも非常に多く来院されますが、ご年配のかたの多くが、「昔はもっとサオが長かったんだけどなー」と言われます。

まさにこれが老人性陰茎退縮です。

加齢を止める方法はありません。

老人性陰茎退縮を止める方法もありません。

でも老人性陰茎退縮の結果、ペニスが小さくなったと実感されているなら、元の大きさを取り戻すことはできます!

「陰茎増大」、「亀頭増大」などで取り戻せます!

陰茎増大、亀頭増大治療については、
東京・埼玉:青山セレスクリニックHP
千葉:船橋中央クリニックHP
をご覧ください。

ペニス増大専門のクリニック
東京・埼玉:青山セレスクリニック
千葉:船橋中央クリニック


2017/05/22

リパスGを開発・導入しました!

亀頭をこれまで以上に増大・大きくすることができる新しい注射剤を導入しました!
リパスG (リパスジー)です!

IMG_7823上記写真:リパスGの注射


リパスは元々このブログでも時々登場しております。

韓国のチョウ先生により開発されました。このリパスを日本で最初に導入したのが私ですが、

このたび亀頭用のリパスをチョウ先生と開発・導入しました。それがリパスGなのです。


Gは亀頭の英語名詞glans(グランス)の頭文字から取りました。
ちなみにリパス(LIPAS)も「永久的に持続する注射による陰茎増大法the ever-Lasting Injecton Penis Augmentation System」の英語表記の頭文字から僕が命名しています。


リパスGは導入してから約3か月程度経過していますが、非常に好評です。
亀頭の注射剤の第一選択ですね。

 

亀頭増大治療については、
東京・埼玉:青山セレスクリニックHP
千葉:船橋中央クリニックHP
をご覧ください。

亀頭増大専門のクリニック
東京・埼玉:青山セレスクリニック
千葉:船橋中央クリニック


2017/01/25

韓国で亀頭増大・陰茎増大で熱い談議

先日1泊2日で韓国出張に行ってきました!

亀頭増大・陰茎増大治療の権威であるチョウ先生と注射剤や正しい亀頭増大・陰茎増大方法について熱い議論をかわしてきました。

IMG_2044

上記写真:私とチョウ先生

2017-01-17 15.17.59

 

亀頭増大・陰茎増大治療は日本の美容外科医の中では軽く見られがちで、学会の発表などでは全く話題になりません。ですが、僕はこれをライフワークと考えています。

チョウ先生のもとには8年前も訪問しましたが、チョウ先生の変わらないペニス治療への情熱にまたも感服しました。

僕も日本の亀頭増大・陰茎増大・ペニス治療を牽引する一人として改めて兜の緒を締める心境になりました。

8年前のチョウ先生との写真

上記は8年前のチョウ先生との写真。僕も若いですね(笑)

ペニスの増大治療については、
東京・埼玉:青山セレスクリニックHP
千葉:船橋中央クリニックHP
をご覧ください。

ペニス増大専門のクリニック
東京・埼玉:青山セレスクリニック
千葉:船橋中央クリニック

 


2016/08/07

バイオアルカミド(パフォーム)による亀頭増大

亀頭増大バイオアルカミド(パフォーム)に亀頭増大(2cc)を行なったモニター写真を紹介します。

亀頭増大前後

右側が治療前、左側がバイオアルカミド(パフォーム)注入後です。

2ccと注入量は少し控えめですが、これだけでもかなり見栄えがよくなりましたね!

横に置いている定規からも亀頭の横幅が約4㎜程度太くなっていることが計測できます。

勃起した場合、この増大幅はさらに大きくなります。

4㎜以上の増大効果が勃起時は現れます!)

亀頭増大については
東京・青山セレスクリニックHP
千葉・船橋中央クリニックHPをご覧ください。

亀頭増大の専門家がいる
東京・青山セレスクリニック
千葉・船橋中央クリニック


2016/06/12

亀頭は男の象徴

男として「亀頭は大きいことに越したことはない」ということに異論はないと思いますが、生物進化の観点からも、亀頭の大きさは進化の象徴なのです。

生物進化の過程で枝分かれしたゴリラやチンパンジーにはそもそも亀頭がありません。

亀頭にはメス(女性)を気持ちよくさせて、エクスタシーを感じてもらい、妊娠させやすくするという役割があります。

これが一般的に知られている亀頭の役割ですが、実はそれだけではありません。

諸説はありますが、遥かな大昔、人類の旧石器時代では女性側は複数の男性と性行為をすることが一般的でした。

その時代においては亀頭のエラが重要な役割を担っていたのです。

性行為中、亀頭はピストン運動によって膣の中の内容物を外に掻き出しているのです。

これは様々な研究立証されています。

掻き出している膣の中の内容物とは、自分の性行為の前に放出された他人の精子、精液です。

動物の真の役割が、自分の子孫を残すという点で考えれば、他人の精子を掻き出し、自分の精子を注入することが雄にとって何よりも大事なのです。

この観点からいうと、やはり亀頭の大きさが進化の象徴と言えるのではないでしょうか。

子孫をたくさん残せることが強いオスの象徴とするならば、大きい亀頭こそが強い男(オス)の象徴なのです!

亀頭は治療で大きくできます!

 

亀頭増大については
東京・青山セレスクリニックHP
千葉・船橋中央クリニックHPをご覧ください。

亀頭増大の専門家がいる
東京・青山セレスクリニック
千葉・船橋中央クリニック

 


© 2017 包茎・薄毛専門医が男の悩みに答えるブログ — All Rights Reserved.

Up ↑