包茎・薄毛専門医が男の悩みに答えるブログ
Category

包茎

2017/06/11

糖尿病性包茎とは

 

糖尿病が原因でなった包茎を最近では糖尿病性包茎と呼ぶようになりましたので、糖尿病性包茎について書きます。

糖尿病性包茎とは、糖尿病の合併症により起こる得る包茎です。

糖尿病は病状悪化により皮膚がもろくなり、勃起や包皮をむくだけでも包皮に炎症が生じたり、裂傷ができたりすることがあります。この状態を糖尿病性包皮炎と言いますが、炎症や裂傷を繰り返すことで包皮が硬くなり、包皮輪が狭くなります。これをさらに繰り返すと、カントン包茎や亀頭を露出できなくなってしまう真性包茎になります。これを糖尿病性包茎と言います。

0207

一度包皮輪が狭くなり剥けなくなってしまうと、自然に治癒することはありません。

元々仮性包茎だったものの、急に糖尿病性包茎になり、包皮がむけなくなってしまうケースは多数あります。

包皮炎が起こり、包皮輪の狭窄を感じた時点でのなるべく早めの治療をお勧めしております。

 

糖尿病性包茎についてはこちらをご覧ください

東京・埼玉:青山セレスクリニックHP
千葉:船橋中央クリニックHP
をご覧ください。

包茎専門のクリニック
東京・埼玉:青山セレスクリニック
千葉:船橋中央クリニック


2017/06/04

老人性陰茎退縮とは

前回のブログ記事でも書きましたが、加齢とともに骨が退縮し、身長が縮まるのと同じで、ペニスの海綿体組織も加齢とともに退縮します。

その結果、加齢とともにペニスの長さ自体が短くなることがあります。

皆さま、この事実を知っていましたか?

僕は加齢とともにペニスが短くなるこの事実を発見し、これを老人性陰茎退縮と呼んでいます。

当院ではご年配のかたも非常に多く来院されますが、ご年配のかたの多くが、「昔はもっとサオが長かったんだけどなー」と言われます。

まさにこれが老人性陰茎退縮です。

加齢を止める方法はありません。

老人性陰茎退縮を止める方法もありません。

でも老人性陰茎退縮の結果、ペニスが小さくなったと実感されているなら、元の大きさを取り戻すことはできます!

「陰茎増大」、「亀頭増大」などで取り戻せます!

陰茎増大、亀頭増大治療については、
東京・埼玉:青山セレスクリニックHP
千葉:船橋中央クリニックHP
をご覧ください。

ペニス増大専門のクリニック
東京・埼玉:青山セレスクリニック
千葉:船橋中央クリニック


2017/05/28

老人性包茎とは

「老人性包茎」

包茎にこのように分類が言葉ではっきりされたのは、比較的最近です。
包茎と言えば、若い年齢層の悩みが主流でしたが、現在ではそうではありません。
もちろん若い年齢層より現在ではご年配の年齢層のかたのほうが人口として多いわけですから、ご年配のかたからの相談のほうが多くなるわけです。

老人性包茎とは加齢とともに包皮がたるみ、亀頭のハリが減少することで、包皮が亀頭に被るようになった包茎のことです。加齢ととも顔にシワ・タルミが現れるのと同じです。

 

老人性包茎
老人性包茎のもう一つの原因は、加齢とともにペニス自体も小さくなることにもあります。

加齢とともに骨が退縮し、身長が縮まるのと同じで、ペニスの海綿体組織も加齢とともに退縮するためにペニスの長さ自体が短くなることがあります。

ペニスが小さくなっても包皮は小さくなりませんので、相対的に包皮の被りが大きくなり、結果的に老人性包茎にもなる場合が多いのです。
また、亀頭のハリが減少したことで包皮がいわゆる「カリクビ」で引っかからなくなり、包皮がかぶってしまうことも老人性包茎の原因です。

整理しますと、加齢により包茎になってしまう現象を「老人性包茎」と言い、その原因としては、主に3つあります。
1.包皮のたるみ
2.ペニスが小さくなったこと
3.亀頭が小さくなったこと

以上、今回は「老人性包茎」の話でした。

 

包茎治療はお任せください!

詳しくはこちらのページをご参照ください。
東京・埼玉:青山セレスクリニックHP
千葉:船橋中央クリニックHP

包茎治療専門のクリニック
東京・埼玉:青山セレスクリニック
千葉:船橋中央クリニック


2017/01/04

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

早速ですが、僕の包茎治療動画を掲載します!

こちら船橋バージョン(画像をクリックすると、動画をご覧いただけます)。

 

こちら青山バージョン(画像をクリックすると、動画をご覧いただけます)。

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

包茎手術については
東京・青山セレスクリニックHP
千葉・船橋中央クリニックHP をご覧ください。

包茎手術を職人魂で行う、
東京・青山セレスクリニック
千葉・船橋中央クリニック


2016/12/11

包茎手術後の傷跡修正

包茎手術というのは余った皮を切除して、断端を縫い合わせるだけでの手術ですので、手術を終わらせるだけなら、外科医ならばだれでもできます。
ただ美容外科医にとって大事なのは、傷跡が目立たず、きれいな手術を行ない、患者様に喜ばれることです。

 今回のモニター写真は他院で「縫い合わせただけの」汚い包茎手術の跡です。

 %e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%aa%e3%83%9a%e5%89%8d

上記:他院の包茎治療の傷跡。
ツートンカラーになってる上に、亀頭下に口径があったいない断端を縫い合わせたせいで、かなり皮膚のダブつきが目立ちます。

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%aa%e3%83%9a%e5%89%8d%e5%b0%8f%e5%b8%af

上記:同上。裏側の状態
この口径があっていない状態というのはけっこう修正が難しいのです。

余った皮を切除したうえで、断端の口径が合うように大きい口径は口径が小さくなるように縫い縮めます。(写真下)

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%aa%e3%83%9a%e5%be%8c%e5%b0%8f%e5%b8%af

上記:手術直後の裏側。
縫い縮めた縫合線が目立たないように裏筋の線に一致させました。

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%aa%e3%83%9a%e5%be%8c

上記:手術直後の表側。

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%aa%e3%83%9a%e5%be%8c%ef%bc%91%e3%81%8b%e6%9c%88%ef%bc%93

上記:手術後1か月の状態です。
傷もきれいで患者様にもご満足いただけました!

 

包茎手術後の傷跡修正については
東京・青山セレスクリニックHP
千葉・船橋中央クリニックHPをご覧ください。

包茎治療を職人魂で行う、
東京・青山セレスクリニック
千葉・船橋中央クリニック


2016/11/20

男の悩みに答える動画を作りました!

当グループのペニス治療、薄毛治療、ED治療など、男の悩みを専門的に扱う治療を特化した動画を作りました。
こちら船橋バージョンです

 
こちら青山バージョンです。

 
僕はこの道15年以上です。
これだけ真剣にペニス治療、薄毛治療、ED治療に向き合っているドクターは日本にはいないと自負しております。

是非お気軽に何でもご相談ください!

 

男の悩みに答える、 東京・青山セレスクリニック 千葉・船橋中央クリニック 元神 賢太


2016/11/13

もう少しで出てきそうなのに、真性包茎(もう少しで産まれそうな亀頭)

 

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e5%bd%a2%e6%88%90%e5%86%99%e7%9c%9f

上の写真を見てください。

根元のほうにぐっと包皮を引っ張っている状態で、包皮の間(包皮輪)から亀頭が覗ける状態です。
包皮輪からもう少しで亀頭が出てきて産まれそうな状態なのに、いくら引っ張っても包皮輪が広がらず、これ以上は「むけない」もどかしい状態です。

このように包皮輪が一部広がっているのに亀頭が出せない状態もやはり「真性包茎」と言えます。

このような「もどかしい真性包茎」は、もともと仮性包茎だったのに、包皮に炎症が続いたために包皮が硬くなり、むけなくなった場合に多く見られる
「真性包茎」です。
また、経験的にこういう「もどかしい真性包茎」は包皮と亀頭がさらに中で癒着していることもよくあります。

でも安心してください!
当院ではどんな状態の「真性包茎」もきれいに治すことができます。

「真性包茎」でもどかしい状態なら、悩まずに当院にお気軽にご相談ください!

 

真性包茎については
東京・青山セレスクリニックHP
千葉・船橋中央クリニックHPをご覧ください。

包茎手術を職人魂で行う、
東京・青山セレスクリニック
千葉・船橋中央クリニック


© 2017 包茎・薄毛専門医が男の悩みに答えるブログ — All Rights Reserved.

Up ↑