包茎・薄毛専門医が男の悩みに答えるブログ
Category

性病・STD

2017/01/08

梅毒患者4千人超、5年で5倍に…増加要因不明

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e5%bd%a2%e6%88%90%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92
性感染症の梅毒と診断された患者数が、昨年は4000人を超え、約40年前と同水準となったことが国立感染症研究所のまとめでわかった。

2011年と比べ5倍に増えた。
妊婦を通じ胎児が感染すると死産などを起こす恐れがあり、専門家は注意を呼びかけている。
感染研によると、昨年11月27日までの患者数は4077人で1974年の4165人に迫った。
年間の集計では同年を上回る見込み。
男性が2848人、女性が1229人で、女性は20歳代が半数を占めた。

梅毒は、戦後間もない1940年代後半に患者が20万人を超えていたが、抗菌薬治療の普及で激減。
再流行した67年の約1万2000人をピークに減少を続け、一時は500人を切った。
しかし、2011年以降、再び増加。感染研は「増加のはっきりした要因は分からない」としている。
-----------

以上、「読売新聞 1/7(土) 15:02配信」の転載です。

この記事にもあるように医療の現場でも梅毒は増えている実感はあります。

当院で性病検査を受けた患者様の中で、数年前までは2,3年に1名程度しか梅毒陽性は出ませんでしたが、最近は1年に1名くらいは陽性が出ます。

記事にもあるように増加要因というのはなかなか結論づけるのは難しいものですが、個人的には性の若年齢化と性風俗業の蔓延化が要因と考えています。

風俗店で性行為をする場合、または、よく知らない人と性行為をする場合は必ずコンドームを装着することを習慣づけしましょう。

 

梅毒については、
東京・青山セレスクリニックHP
千葉・船橋中央クリニックHP
をご覧ください。

性病についても専門のクリニック、
東京・青山セレスクリニック
千葉・船橋中央クリニック


2016/12/18

口内洗浄液が「淋病」抑制か。

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e5%bd%a2%e6%88%90%e5%86%99%e7%9c%9f

上記のタイトルが12月21日ヤフーのトップニュースがでてきました。
以下転載です。

----------------------
口内洗浄液で「淋病」を抑制できる可能性、研究(AFP=時事 12/21(水) 10:05配信)

【AFP=時事】抗生物質が登場する以前の19世紀、口内洗浄液(マウスウォッシュ)の「リステリン(Listerine)」は、淋菌(りんきん)感染症(淋病)治療薬として販売されていた。それから100年以上を経て、その宣伝文句が本当である可能性があるとの研究結果が20日、発表された。

オーストラリアの研究チームが英医学誌「性感染症(Sexually Transmitted Infections)」に発表した研究論文によると、リステリンは、実験室のペトリ皿内の淋菌(学名:Neisseria gonorrhoeae)と、感染者の喉に存在する淋菌をどちらも殺したという。

この結果が意味するのは、この人気のマウスウォッシュで毎日、口をすすぎ、うがいをすることが、性感染症の淋病を予防、抑制するための「安価で簡単な方法である可能性がある」ことだと、研究チームは述べている。

1879年当時、リステリンは淋病を治すとメーカーがうたっていたにもかかわらず、その主張を検証した科学的研究はこれまで発表されていなかったと、研究チームは論文に記している。
そこで研究チームは、多くの国々、特に同性愛者や両性愛者の男性の間で淋病の感染水準が上昇傾向にあることへの懸念にも後押しされ、今回この検証を行うことにした。

英語の俗語で「ザ・クラップ(the clap)」とも呼ばれる淋病は、無防備な口腔性交、膣性交、肛門性交などで伝染する性感染症。

■実験の内容

研究チームは、淋菌を実験室内で培養し、アルコール含有のリステリン2種のさまざまな濃度の希釈液を塗布した。

実験の結果、リステリンは培養皿上の菌量を「著しく減少させた」一方、食塩水を塗布した場合は変化がみられなかった。

研究チームは次に、淋病に感染した男性を対象とする試験を実施し、リステリンでうがいをする前後で、喉の細菌濃度を調べた。

その結果、リステリンを使用した被験者は、食塩水でうがいをした被験者に比べて、うがいから5分後の時点でのどに存在する淋菌の量が少なかったという。

「マウスウォッシュのリステリンは、淋菌の増殖を抑制する安価で簡単に使える有効な薬剤であり、今後さらに慎重な検討と研究が必要だ」と、研究チームは記している。

2005年に出版された「ヤバい経済学」(原題「フリークエコノミクス(Freakonomics)」)によると、外科手術の消毒薬として開発されたリステリンはその後、床の洗浄液や淋病の治療薬として販売されたという。1920年代には口臭対策商品として商業的な成功を収めた。【翻訳編集】 AFPBB News

以上、ヤフーニュースからの転載でした。

 

僕個人の意見としては、リステリンのうがいで膣性交の淋病が予防できるとは思いません、日本国内の淋菌によるSTDはほとんど膣性交による感染によるもので、オーラルセックスによる感染ではないからです。

リステリンに本当に予防効果があるなら、膣内をリステリンで洗浄した場合との比較データがほしいですね(笑)

本気で淋病を予防したいなあら、ジスロマックを使用してください!
ジスロマックはたいていのSTDのよる細菌感染を治療できますが、予防もできます。

これからSTDになりそうな行為をする1時間前にジスロマックグをグッと飲んでください!

 

梅毒については、
東京・青山セレスクリニックHP
千葉・船橋中央クリニックHP
をご覧ください。

性病についても専門のクリニック、
東京・青山セレスクリニック
千葉・船橋中央クリニック

 

 


2016/03/13

開けたらびっくり!キノコの山ではなく、コンジの山でした!

包茎の皮をめくったら、コンジローマだらけのペニスをご紹介します。

“コンジローマ(ちんこ)1"

包茎のペニスの皮をめくると…..

“コンジローマ(ちんこ)2"

中から尖圭コンジローマがどっさり!
全然うれしくないですね(T_T)

“コンジローマ(ちんこ)3"

後ろはこんな感じでした。
ここまで尖圭コンジローマが増えてしまいますと、外科的に包皮切除するしかありません。

“コンジローマ(ちんこ)4"

術直後の写真です。
包皮にある尖圭コンジローマは包皮ごと切除し、亀頭の尖圭コンジローマは炭酸ガスレーザーで焼灼しました。
尖圭コンジローマは非常に再発する確率が高い性病(STD)ですが、この症例のように「コンジの山」状態ですと、再発は必発です。術後もしっかりアフターフォローすることが大切です。

尖圭コンジローマについては
東京・青山セレスクリニックHP
千葉・船橋中央クリニックHPをご覧ください。

尖圭コンジローマ治療を職人魂で行う、
東京・青山セレスクリニック
千葉・船橋中央クリニック


2016/01/03

新年あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます。
今年も青山セレスクリニック・船橋中央クリニックを男性治療で唯一無二のクリニックであり続けたいと思います!
男性治療の症例数というのは各クリニックが公表していませんが、当院はペニス治療患者1日4~6人、薄毛治療患1日約10人、ED治療患者1日約10人とおそらく日本一男性治療を扱っています。
特に技術が治療結果に大きく現れる、ペニス治療、薄毛のハーグ治療において自信があります!
また治療結果について院長自らが最後までアフターケアを行います!
どうぞ今年も青山セレスクリニック・船橋中央クリニックをよろしくお願いします。

当院の男性治療については
東京・青山セレスクリニックHP
千葉・船橋中央クリニックHPをご覧ください。

ペニス治療・薄毛治療・ED治療を職人魂で行う、
東京・青山セレスクリニック
千葉・船橋中央クリニック


2015/12/13

クリスマスツリー状態になったペニス

来週はいよいよクリスマスですね。
若い頃は僕もこの季節が大好きでしたが、年老いてからは全く時めかなくなりましたね(笑)
支出が増えるイベントというだけの認識ですね。
誕生日とクリスマスだけは男としては耐えるしかありません(笑)
ですが、今回は笑いごとじゃなくて、ペニスがクリスマスツリー状態に写真を紹介します。

“尖圭コンジローマ1"

ひえ~
更によくみるとこういう状態です。
尖圭コンジローマ
“尖圭コンジローマ2"

尖圭コンジローマを放置していた結果ですorz
このように尖圭コンジローマを放置しすぎていて、もはや通常の泌尿器科の医師ではお手上げ状態になった患者さんがたくさん僕のもとにへ相談に来院されます。
「でも安心してください」
このようなクリスマスツリー状態になった尖圭コンジローマだらけのペニスも治ります!
でもこうなる前に早めに尖圭コンジローマは治療してください!

尖圭コンジローマについては
東京・青山セレスクリニックHP
千葉・船橋中央クリニックHPをご覧ください。

尖圭コンジローマ治療を職人魂で行う、
東京・青山セレスクリニック
千葉・船橋中央クリニック


2015/10/25

巨大な包皮腺(タイソン腺)!こんなペニスのブツブツ見たことない!!

ペニスのブツブツを世界一見ている私ですが、今回は巨大な包皮腺(タイソン腺Tyson's glands)の治療をしましたので、ご紹介します。

“包皮腺(タイソン腺)治療前1"
“包皮腺(タイソン腺)治療前2"

上記の写真が巨大なペニスのブツブツ、包皮腺(タイソン腺Tyson's glands)です。
「本当にこれタイソン腺ですか?悪いものではないのですか?」と思ってしまうかもしれませんが、紛れもなくただの包皮腺(タイソン腺)です。
切除後念のため病理検査にも出しましたが、病理学的にも悪性所見はなく、包皮腺(タイソン腺)でした。
治療は、包茎治療と一緒に行いました。

“包皮腺(タイソン腺)治療後"

治療後はこんな感じで、すっきりしていますね。

包皮腺(タイソン腺Tyson's glands)は性病STDではないので、必ず除去しないといけないものではないですが、こんなふうに大きくなったり、女性に「きもい」と思われるのはもったいないので、除去をおすすめします。通常はレーザーできれいに除去することが可能です。

包皮腺(タイソン腺)については
東京・青山セレスクリニックHP
千葉・船橋中央クリニックHP
をご覧ください。

ペニスのブツブツも職人魂で行う、
東京・青山セレスクリニック
千葉・船橋中央クリニック


2015/10/18

タマにできる白いブツブツ②(陰嚢石灰沈着症・多発性粉瘤症)

先週に引き続き、マにできる白いブツブツ、多発性粉瘤症(陰嚢石灰沈着症)についてです。
ビフォーアフターを紹介します。

“多発性粉瘤症"
写真:多発性発性粉瘤症(陰嚢石灰沈着症)の治療前

“多発性粉瘤症A"
写真:多発性発性粉瘤症(陰嚢石灰沈着症)の治療後

このように治療後は全く跡が残りません。そもそも陰嚢の皮膚というのはシワシワなので、傷自体が非常に目立たないところです。
陰嚢の白いブツブツは女性受けは決してしませんので、
(むしろ性行為を一緒にすることを拒絶される可能性すらあるので、)
早期に除去されることをおすすめします。

陰嚢の白いブツブツについては
東京・青山セレスクリニックHP「多発性発性粉瘤症」
千葉・船橋中央クリニックHP「多発性発性粉瘤症」をご覧ください。

ペニス・陰嚢のブツブツ治療を職人魂で行う、
東京・青山セレスクリニック
千葉・船橋中央クリニック


© 2017 包茎・薄毛専門医が男の悩みに答えるブログ — All Rights Reserved.

Up ↑