包茎・薄毛専門医が男の悩みに答えるブログ
2015/12/06

包茎手術後のツートンカラー

当院では傷跡が目立たないように、包茎手術の切開部位は亀頭直下または陰茎根部にしております。
包茎手術の傷跡が目立つ理由は、切開部位がすべてではありませんが、重要な要素の一つです。
今回は他のクリニックで治療を受けた陰茎中央部の傷跡をご紹介します。

“包茎手術修正"

写真の通り、傷跡を境にツートンカラーになっています。切開線自体は比較的きれいですが、結果的には結局切開部位が悪いためにツートンカラーになり、傷跡が目立ちます。
当院ではこのように包茎手術後にツートンカラーになってしまった場合も、多くの場合きれいに傷跡を修正すること可能です。
この患者様の場合、亀頭直下に傷跡がくるように修正しました。

包茎手術後の傷跡修正については
東京・青山セレスクリニックHP
千葉・船橋中央クリニックHPをご覧ください。

包茎治療を職人魂で行う、
東京・青山セレスクリニック
千葉・船橋中央クリニック


2015/11/29

当院だけのハーグ療法②

以前にも記事
にもしましたが、ハーグ療法は施設によって注入方法が違うため、治療効果も全く違います。
当院では、直接頭皮に注射で薬剤を注入します。頭皮への薬剤への注入は、針の深さが非常に重要で、医師の経験が非常に大切です。
だからこそ当院のハーグ療法は他のどの施設よりも効果が出るのです。

“ハーグ療法"

上記:当院でハーグ療法を受けた前後

ハーグ療法については
東京・青山セレスクリニックHP
千葉・船橋中央クリニックHPもご覧ください。

AGA専門のクリニック、
東京・青山セレスクリニック
千葉・船橋中央クリニック


2015/11/23

よくある亀頭のブツブツ(続き)

前回の続きです。

下記の写真は亀頭のよくあるブツブツ「真珠様陰茎小丘疹」の治療前の状態です。

“亀頭のブツブツ"

炭酸ガスレーザーで治療した直後の状態です。
(包茎治療も同時に行っています)

“亀頭のブツブツ治療直後"

直後は痛々しく見えますね。
でも安心してください。
2週間もすれば、こんなにきれいになります。(下記写真)

“亀頭のブツブツ2週間後"

真珠様陰茎小丘疹の治療方法は、電気焼灼など他の方法もいろいろありますが、炭酸ガスレーザーが最もきれいに治ります。

真珠様陰茎小丘疹(亀頭のブツブツ)については
東京・青山セレスクリニックHP
千葉・船橋中央クリニックHPもご覧ください。

真珠様陰茎小丘疹(亀頭のブツブツ)治療を職人魂で行う、
東京・青山セレスクリニック
千葉・船橋中央クリニック


2015/11/16

よくある亀頭のブツブツ

このブログでは、極端なブツブツ症例をご紹介することが多々ありますが、今回は逆によくある亀頭のブツブツをご紹介します。

“亀頭のブツブツ"

亀頭のかり首の周りにぐるっと一周あるのが、「真珠様陰茎小丘疹」と呼ばれる亀頭のブツブツです。フォアダイスと呼ばれることもありますが、正確には真珠様陰茎小丘疹です。誰がこんな変なネーミングをしたか僕は知りませんが、どう見ても真珠のようには見えませんね(笑)
上記の写真の例は比較的数が多いですが、多くても少なくても、治療方法は炭酸ガスレーザーです。また、包茎があるとよく再発しますので、一緒に包茎治療をお受けになることをすすめることもあります。

真珠様陰茎小丘疹(亀頭のブツブツ)については
東京・青山セレスクリニックHP
千葉・船橋中央クリニックHPをご覧ください。

真珠様陰茎小丘疹(亀頭のブツブツ)治療を職人魂で行う、
東京・青山セレスクリニック
千葉・船橋中央クリニック


2015/11/08

亀頭と包皮の癒着という結末のあと

前回のブログでは、むけない状態を放置すると、亀頭と包皮が癒着してしまうという話でしたが、今回を当院でその癒着を剥がした写真をご紹介します。

“真性包茎癒着"
写真:亀頭と包皮の癒着した状態(癒着剥離前)

“真性包茎癒着剥離後"
写真:亀頭と包皮の癒着を剥離した状態

この写真は剥離した直後の状態ですので、痛々しく見えますね。剥離された面は包皮側も亀頭側も真っ赤ですね。
でも安心してください!
この赤みは必ず治り、きれいな亀頭に戻ります。
でもこのような亀頭と包皮の癒着が起こる前に、早めに剥けない包茎の状態は治したほうが得策です。もし包皮が剥けなくなったら、なるべく早めにご相談ください。

真性包茎については
東京・青山セレスクリニックHP
千葉・船橋中央クリニックHPをご覧ください。

包茎手術を職人魂で行う、
東京・青山セレスクリニック
千葉・船橋中央クリニック


2015/11/01

包皮がむけない状態を放置すると。。。亀頭と包皮の癒着という結末

以前がペニス(ちんこ)の皮が剥けたのに、最近包皮が剥けなくなったという相談が時々あります。言わば仮性包茎だったのに人生の途中から真性包茎になったということです。
たいていいきなり剥けない(むけない)状態になるのではなく、前兆兆候はあったはずです。通常はペニスの半ばあたりが炎症を繰り返しているうちに包皮に狭窄ができてしまい、このカントン包茎の状態を放置すると、ついには剥けなくなり、真性包茎になってしまったという経過です。
さらにその剥けなくなった真性包茎状態をしばらく放置すると、往々にして亀頭と包皮が癒着してしまいます。こうなると手術を非常に厄介になります。
今回はその癒着した状態をお見せします。

真性包茎(ちんこ)の癒着
素人目には「この亀頭どうなってんの?」という印象ですよね。
亀頭と包皮が癒着するとペニスの形まで変形しているように見えます。
でも安心してください。
これを治すのが僕の仕事です。

真性包茎については
東京・青山セレスクリニックHP
千葉・船橋中央クリニックHPをご覧ください。

包茎手術を職人魂で行う、
東京・青山セレスクリニック
千葉・船橋中央クリニック


2015/10/25

巨大な包皮腺(タイソン腺)!こんなペニスのブツブツ見たことない!!

ペニスのブツブツを世界一見ている私ですが、今回は巨大な包皮腺(タイソン腺Tyson's glands)の治療をしましたので、ご紹介します。

“包皮腺(タイソン腺)治療前1"
“包皮腺(タイソン腺)治療前2"

上記の写真が巨大なペニスのブツブツ、包皮腺(タイソン腺Tyson's glands)です。
「本当にこれタイソン腺ですか?悪いものではないのですか?」と思ってしまうかもしれませんが、紛れもなくただの包皮腺(タイソン腺)です。
切除後念のため病理検査にも出しましたが、病理学的にも悪性所見はなく、包皮腺(タイソン腺)でした。
治療は、包茎治療と一緒に行いました。

“包皮腺(タイソン腺)治療後"

治療後はこんな感じで、すっきりしていますね。

包皮腺(タイソン腺Tyson's glands)は性病STDではないので、必ず除去しないといけないものではないですが、こんなふうに大きくなったり、女性に「きもい」と思われるのはもったいないので、除去をおすすめします。通常はレーザーできれいに除去することが可能です。

包皮腺(タイソン腺)については
東京・青山セレスクリニックHP
千葉・船橋中央クリニックHP
をご覧ください。

ペニスのブツブツも職人魂で行う、
東京・青山セレスクリニック
千葉・船橋中央クリニック


© 2017 包茎・薄毛専門医が男の悩みに答えるブログ — All Rights Reserved.

Up ↑