%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e5%bd%a2%e6%88%90%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92
性感染症の梅毒と診断された患者数が、昨年は4000人を超え、約40年前と同水準となったことが国立感染症研究所のまとめでわかった。

2011年と比べ5倍に増えた。
妊婦を通じ胎児が感染すると死産などを起こす恐れがあり、専門家は注意を呼びかけている。
感染研によると、昨年11月27日までの患者数は4077人で1974年の4165人に迫った。
年間の集計では同年を上回る見込み。
男性が2848人、女性が1229人で、女性は20歳代が半数を占めた。

梅毒は、戦後間もない1940年代後半に患者が20万人を超えていたが、抗菌薬治療の普及で激減。
再流行した67年の約1万2000人をピークに減少を続け、一時は500人を切った。
しかし、2011年以降、再び増加。感染研は「増加のはっきりした要因は分からない」としている。
-----------

以上、「読売新聞 1/7(土) 15:02配信」の転載です。

この記事にもあるように医療の現場でも梅毒は増えている実感はあります。

当院で性病検査を受けた患者様の中で、数年前までは2,3年に1名程度しか梅毒陽性は出ませんでしたが、最近は1年に1名くらいは陽性が出ます。

記事にもあるように増加要因というのはなかなか結論づけるのは難しいものですが、個人的には性の若年齢化と性風俗業の蔓延化が要因と考えています。

風俗店で性行為をする場合、または、よく知らない人と性行為をする場合は必ずコンドームを装着することを習慣づけしましょう。

 

梅毒については、
東京・青山セレスクリニックHP
千葉・船橋中央クリニックHP
をご覧ください。

性病についても専門のクリニック、
東京・青山セレスクリニック
千葉・船橋中央クリニック