青山セレスクリニックトップページ > 性病トップページ > 梅毒

性病のことならお任せ下さい! 的確に性病を診断・治療します!
梅毒
  • 亀頭や包皮に痛みを伴わないしこりや潰瘍
  • 股のリンパ節が腫れている
その他の喜びの声

梅毒の原因

梅毒トレポネーマ(Treponema pallidum)という細菌の感染により引き起こされる性感染症です。

梅毒の特徴

  • 梅毒は性交時に、皮膚、粘膜の微細な傷口から感染し、まずのその感染部位に限局した皮膚病変をつくり、やがて血行性に拡散して全身の臓器を侵すようになります。
  • 基本的に、感染後、約3週間位で発症し、感染後の期間とその症状から、第1期から第4期までの4つに分類されます。
  • 現在では、ほとんどの患者さんが第2期までに治療するため、第3期及び第4期の症状を呈する患者さんはほとんどいません。

梅毒の症状(男女共通)

第1期梅毒(感染後約3週間後)

感染後、3週間~3ヶ月の状態を第1期と言います。感染部位の皮膚あるいは粘膜に小豆大の硬結ができます。これを初期硬結と呼ぶ。やがて初期硬結は周囲の浸潤が強くなって硬く盛り上がり、中に潰瘍を形成します。亀頭包皮炎の状態です。これを硬性下疳と言います。
硬結や潰瘍ができても、痛くないのが特徴です。また、単発で発症することが多いですが、多発することも稀ではありません。主な発症部位としては、男性は、亀頭冠状溝、亀頭、包皮で、女性では、大小陰唇とその周囲となります。
初期硬結や硬性下疳の出現後、やや遅れて、左右の股の付け根の部分のリンパ節(鼠径リンパ節)が腫れます。これもやはり無痛性で、この状態を無痛性横痃(むつうせいおうげん)と言います。
以上の第1期の症状は、放置していても2~3週で自然に消退し、約3カ月後の第2期の症状が出現するまで無症状となります。感染後4週間を過ぎると、血液検査で陽性反応が出るようになります。

第2期梅毒(感染後約3ヶ月後)

感染後3ヶ月~3年の状態を第2期と言います。
梅毒の病原菌は血行性に全身に散布され、全身の皮膚と粘膜に多彩な梅毒病変(下記)を引き起こしてきます。

梅毒性バラ疹
体幹、四肢、顔面などに出現する淡紅色の発疹です。手の平、足の裏にもできます。第2期の最も早い時期に見られる症状で、自覚症状もなく数週間で自然消退するため、見過ごされることが多い。
丘疹性梅毒疹
感染後約12週で出現します。大きさは小豆大からエンドウ豆大で、赤褐色から赤銅色の丘疹、結節である。バラ疹と同様に、手の平、足の裏にもできます。
扁平コンジローマ
陰嚢、外陰部、肛門周囲にできる扁平隆起性の腫瘤です。病原菌が多数存在し、感染源となることが多い。
梅毒性アンギーナ
咽頭部にできるびらん、潰瘍です。
梅毒性脱毛
虫食い状に、不均一に頭髪が抜けるのが特徴です。
膿疱性梅毒疹
全身多発する膿疱で、丘疹性梅毒疹から移行することもあります。

以上の症状が、数週から数カ月で自然消退し、再発を繰り返しながら、第3期、第4期に移行する。

第3期(感染後約3年以上経過)

感染後、3年~10年の状態を第3期と言います。特徴としては、ゴムのような腫瘍(ゴム腫)が発生します。また、第3期まで来ると治癒は不可能となります。

第4期(末期症状)

感染後、10年以降の状態を第4期と言います。この段階までなると、多くの臓器に腫瘍が発生したり、脳、脊髄、神経を侵され麻痺性痴呆、脊髄瘻を起こし(脳梅)、死亡に至ります。

梅毒の診断

男性・女性共に、性器に硬結や潰瘍がある場合は、梅毒を疑い、血液検査(ガラス板法・TPHA法・RPR法)を行い、全て陽性反応が出た場合に、梅毒と確定診断します。

梅毒の治療方法

ペニシリン系抗生物質を3週間から4週間程度服用していただき、その後、血液検査を行い数値が落ち着いている状態になれば、完治となります。

※梅毒血清反応(STS)は、治療を受けられてもなかなか低下しません。陰性化には数ヶ月~数年かかる場合もあります。TPHA法は一生陰性化しないので治療の目安にはなりません。

梅毒に関するよくあるご質問

Q1. 梅毒って何ですか?
A:梅毒トレポネーマの感染による慢性の全身性の性感染症(STD)です。
性交時に皮膚、粘膜の微小な傷口から侵入し、まず感染局所に特有の病変を起こし、やがて血行性、リンパ行性に全身に広がり諸臓器、組織を侵すようになります。
梅毒の一般経過は、感染して9週間までを第1期梅毒、9週目より3年目までを第2期梅毒、感染後3年以上を第3期梅毒といい、さらに感染後10~15年たてば脳と脊椎に変化をきたし、変性梅毒または第4期梅毒といいます。
Q2. 梅毒は性交渉以外にもオーラルセックスでも感染しますか?
A:オーラルセックスでも感染します。皮膚や粘膜の微小な傷口から入り込んで血液感染することがあります。
Q3. 梅毒はコンドームをしてセックスしても感染することがありますか?
A:コンドームの装着によりかなり感染の可能性は低くなりますが、予防のための適切な使用が出来ていない場合には可能性は0%ではありません。その他では。オーラルセックスでの感染も考えられます。
Q4. 梅毒は温泉やプールで感染することもありますか?
A:ほとんどありませんが、可能性は0%とはいえません。
Q5. 梅毒を手で触って、他人に触れた場合は伝染しますか?
A:梅毒の方と手で接触する程度では感染しませんが、梅毒の方の血液を直接触れて、傷口があった場合は感染します。
Q6. 看護師をしています。梅毒に感染した患者の血液が手にかかった場合、感染しますか?
A:血液が手にかかっただけでは、すぐ感染するとはいえませんが、症状に気づかなくても、その後に一度検査をされた方が良いと思います。
Q7. 梅毒を放置しておくと、どのような危険性がありますか?
A:放置していると全身に広がり、感染後10年以上経過すると、心臓血管系・中枢神経系が侵され、大動脈中膜炎・大動脈瘤・脊椎癆・進行麻痺などの症状がみられます。
放置せず何か気になる事があれば、すぐに受診されることをお勧めします。
Q8. 梅毒は治療してからどれくらいで治りますか?
A:治療は早期梅毒で4週間、晩期梅毒で8週間の内服療法で治ります。
Q9. 梅毒は遺伝すると聞いたのですが、本当ですか?
A:先天梅毒といって、母親から胎盤を通じて胎児に感染させることがあります。
Q10. 数年前に梅毒に感染したことがありますが、再発の可能性はありますか?
A:再発の可能性はあります。
治療自体は、大体2週間~4週間で終了しても、梅毒反応が陰性化するには数ヶ月ないし、1~2年を必要としますし、治療開始の時期の遅れた晩期梅毒となると数年を要します。長期での定期健診が必要となります。
Q11. パートナーが梅毒に感染しました。自分には何の症状も出てませんが、潜伏期間などありますでしょうか?
A:梅毒の潜伏期間は、感染後10日~45日で、検査で陽性反応が出るのは、感染後3週~4週間後ですので、もし自覚症状がなくてもパートナーが感染しているのであれば、ご自身の感染の可能性も高いので、疑わしい日から4週間空けて検査されることをお勧めします。
当院での治療前後の症例写真を見る

※性病に関しては、治療後の写真は掲載されていません。ご了承下さい。

性病治療の流れ
性病治療の流れ

※保険診療は行っておりませんので、あらかじめご了承下さい。
※完全予約制ですので、プライバシーは堅くお守りいたします。
※予約・診察は偽名でも可能です。お気軽にご相談下さい。

性病について(総括)

性病(STD,STI,性感染症)は性器以外のオーラルセックスからも感染し、無症状な場合なこともあります。
「このまま様子をみれば治るかも?」と楽観視される方も多いと思いますが、性感染症は放置すると刻一刻と悪化します。心当たりがある方は早期受診を強くおすすめします。

また、無症状な方の性病検査も行っています。性病検査によって貴方の「不安」を「安心」に変えます。当院では専門的に性感染症の治療・検査を行っていますので、是非ご相談ください!

性病治療の料金(税抜)
初診料 5,000円
コンジローム除去 50,000円~
フォアダイス除去 30,000円~
各種性病検査 血液検査・尿検査 1項目 10,000円~
内服薬(症状により) 10,000円
点滴(症状により) 10,000円

※性病の診察では、初診料 5,000円がかかります。

ブログ
医師紹介
理事長 元神賢太 慶応義塾大学医学部卒・日本外科学会認定医・中央クリニック技術指導医
川口院 院長 柴田健了 京都大学医学部卒・日本美容外科学会専門医・日本形成外科認定医
「私たちにお任せ下さい」経験豊富な医師が、カウンセリングからアフターケアまで一貫して行いますから安心です。医師の詳しいご紹介はこちらから

当院では、経験豊富な医師がカウンセリングから治療はもちろん、アフターケアまで一貫して行います。
大手の他のクリニックにありがちな経験の浅いアルバイト医師が施術を行うことはありません。
「最高の技術と責任をもって1人1人の患者様を大切に、そして安心して治療を受けていただきたい」 これが当院のポリシーです。 まずは無料カウンセリングにいらして下さい。診察はしっかり医師が行います。
こちらから売り込みは一切致しませんので、是非お気軽にお問い合わせください。

お電話でのご相談と無料カウンセリング予約はフリーダイヤル 03-3405-7358 相談・予約受付は9:30から20:00まで 年中無休です
無料メール相談 無料カウンセリング予約

ページの先頭へ戻る▲


東京エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニック 青山院

フリーダイヤル 0120-958-336

〒107-0061
東京都港区北青山2-7-26
ランドワーク青山ビル 7F

埼玉エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニック 川口院

フリーダイヤル 0120-958-336

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-5-1
川口ミツワビル 6F

千葉エリアで治療をご希望の方はこちら

船橋中央クリニック

フリーダイヤル 0120-118-243

〒273-0005
千葉県船橋市本町6-4-15
グラン大誠ビル 2F