よくあるご質問:ED治療

EDとは何ですか?
EDは、「勃起不全」・「勃起障害」と訳しますが、完全に勃起できなくなった状態だけを指すわけではありません。医学的な定義では、「勃起はしても、硬さや大きさが足りずに十分な勃起にまで至らない。あるいは勃起を維持できないために、満足のいく性行為を行うことができない状態」を言います。
よって、全く勃起しない場合のほか、「時々最後まで勃起を持続できない場合」、「途中で中折れする場合」もEDの疑いがあります。
EDとインポテンスの違いは何ですか?
EDは直訳すると、「勃起不全」・「勃起障害」で、インポテンスは「性的不能」です。
以前はインポテンス(インポテンツ)が一般的でしたが、こちらは本来、人として備わっている能力が失われていることを意味し、このような悩みを持つ患者様に向けては、思いやりに欠ける言葉であったため、近年では、勃起不全(ED)という表現が定着しております。
EDと喫煙の関連性はありますか?
現時点では、喫煙とED(勃起不全)の関連性は明確ではありませんが、タバコを吸う生活習慣によって、血液循環は悪くなりますので、関連性はあるものと考えられます。
ED治療薬を服用するタイミングはいつですか?
ED(勃起不全)は、必ず性行為の約1時間前に服用して下さい。
ED治療薬を続けて服用しても大丈夫ですか?
ED治療薬を処方された量以上に服用しても、それ以上の効果は期待できず、かえって新たな副作用が出ることがありますので危険です。
1日1回までの服用回数を遵守し、次回服用まで必ず24時間以上空けて下さい。
ED治療薬を服用すれば、何もしなくても勃起しますか?
ED(勃起不全)の治療には、性的刺激が必要不可欠です。 ED(勃起不全)治療薬の服用によって、自然な勃起状態になります。性的刺激があると勃起し、性的刺激がなくなると普段の状態に戻ります。
ED治療薬を服用すると性欲も増しますか?
ED(勃起不全)治療薬は、陰茎海綿体に作用する薬ですので、性欲自体が増すことはありません。
ED治療薬の副作用にはどんなものがありますか?
「顔のほてり(高揚感)」、「頭痛」などが主な副作用と言われていますが、顔のほてり(高揚感)については、血管付随作拡張作用によるものですので問題ありません。
他にも薬を飲んでいますが、ED治療薬は服用できますか?
ED(勃起不全)治療薬とニトログリセリン(心臓の薬)との併用はできません。 また、ED治療薬の服用を希望される場合は、服用中の薬やお薬手帳を持参して、事前に医師に相談しましょう。
ED(勃起不全)治療は、健康保険の対象になりますか?
ED(勃起不全)治療は、厚生労働省の指定する保険適用の疾患の中には入っておらず、「自由診療」と呼ばれます。ED(勃起不全)治療は、健康保険の対象にはなりません。

医師紹介

私たちにお任せ下さい。
院長紹介

医師紹介

私たちにお任せ下さい。

経験と実績のあるドクターが、
カウンセリングからアフターケアまで
一貫して行いますから安心です。

理事長:元神 賢太
経歴・資格
  • 平成11年3月 慶應義塾大学医学部卒
  • 平成11年4月 慶應義塾大学病院勤務
  • 平成15年12月 船橋中央クリニック院長
  • 平成25年1月 青山セレスクリニック 治療責任者

院長紹介
医師:曽山 浩輔
経歴・資格
  • 平成5年3月 ラ・サール高等学校卒業
  • 平成11年3月 九州大学医学部卒
  • 平成11年4月 九州大学医学部附属病院勤務
  • 平成13年~ 大手美容外科勤務、院長等歴任
経験と実績のあるドクターが、
カウンセリングからアフターケアまで
一貫して行いますから安心です。

青山セレスクリニックは経験豊富な専門医が、治療からアフターケアまで一貫して担当いたします。
全国チェーンのクリニックにありがちな、経験の浅いアルバイト医師が手術を行うことは絶対にありません。
「すべての方にご満足いただける医療を提供する」をポリシーに、長年患者様へ対応しております。 こちらから手術を強要することはございませんので、安心してご相談ください。

東京エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニックmap
詳細地図はこちら

青山セレスクリニック
東京青山院

フリーダイヤル 0120-958-336

〒107-0061
東京都港区北青山2-7-26
ランドワーク青山ビル7F
(旧ヒューリック外苑前ビル)
責任者:高林洋一
最終学歴:S43年慶応義塾大学医学部卒業
勤務歴:H28年青山セレスクリニック管理者

千葉エリアで治療をご希望の方はこちら

船橋中央クリニックmap

〒273-0005
千葉県船橋市本町6-4-15
グラン大誠ビル 2F
責任者:元神賢太
最終学歴:H11年慶応義塾大学医学部卒業
勤務歴:H15年船橋中央クリニック開業